公認会計士を目指そう

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

新たなる挑戦として、一度社会人を経験してから、あるいは仕事をしながら公認会計士の資格取得を目指している人が増えています。本来公認会計士の国家取得は医師免許と同様に難関であり、時間も努力も費やさなくては簡単には取得できる資格ではありません。しかしながら、取得をしてしまえば一生名乗ることができる肩書であり、有効な資格ですので、今からでも可能性を信じて挑戦される方においては、資格講座を利用することをお勧めします。

公認会計士の資格はどんな仕事をする為に必要かということをご存じない方も多くおられます。公認会計士資格を取得した場合、通常は監査法人に務めて「監査」を独占業務として活躍することになります。監査業務とは、企業が作成した財務諸表にもとづき、適正かどうかを第三者的立場からチェックを行う業務を意味しています。監査を受ける義務がある企業とは、資本金5億円以上、または、負債合計が200億以上の大企業となりますので、クライアントとしては主に大手企業になります。

あるいは、監査以外の業務としては、企業に務め、会計、税務、コンサルティングといった業務を行い活躍している公認会計士も大勢いますので、その活躍の場はますます広がると予想されます。これから目指す方、まだ悩まれている方の為に、ここでは、公認会計士という試験取得の特徴や流れ、どこで勉強をするべきか等の提案ができればと思っています。ぜひ参考にしてみてください。