公認会計士ができる事

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

公認会計士の短答式試験に合格し、論文式試験も突破した暁には正式に公認会計士になれるかと言えば、まだ乗り越えるステップがあります。第二段階として、二年以上の現場での実務経験が必要となりますので、どこかの企業に就職し、監査や会計をすることになります

そこで実践を積み、仕事を通して公認会計士としてのスキルを身につけます。そうして実務経験を積んだ後に、ようやく最終段階を迎えることができ、日本公認会計士協会が行う最終試験である修了考査を受け、合格すれば公認会計士として登録することが許されます。

ここまでの流れを見ても分かるように、公認会計士の登録の道のりや容易ではありません。しかしながら、一度取得してしまえば、様々な業務に携わることができますし、公認会計士の名前を語ることができることは企業の信用を得るのに絶大な力を発揮します。

公認会計士ができる業務に関しては、独占業務として監査業務ですが、他にも税理士が行うことができる記帳代行も公認会計士は行うことが認められていますし、M&Aに関する相談役等もしている公認会計士がいます。その専門的な知識や経験を生かして、様々な需要が増えてきていますので、ますます活躍する場が増えていくと考えられます。