公認会計士になる方法

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

公認会計士になるには、国家資格の取得が必要になります。年齢や性別、学歴等関係なく受験することができますが、公認会計士の試験は司法試験並に難関とも言われており、計画的に学習しなければ簡単には取得できない資格となります。他の国家資格としては、医師、美容師等も国家資格になります。専門性の高いスペシャリストの証明として一生名乗ることができる上に、社会的に信用もされる為、非常に重要な資格と言って良いでしょう。

公認会計士の資格を取る為には、いくつかの難しいステップを乗り越える必要があります。第一段階として、公認会計士の筆記試験の合格があります。試験は短答式と呼ばれるマークシート形式の試験と、記述形式である論文式試験に分かれており、短答式は年に二度、論文式試験は年に一度行われます。

短答式、論文式共に基本的には一括合格する必要がありますので、広範囲の難しい内容を一気に学ぶことになり、大変難しい試験となります。短答式では財務会計論、管理会計論、監査論、企業法、論文式では、財務会計論・管理会計論・監査論・企業法・租税法が必須科目で、選択科目として経営学・経済学・民法・統計学の中から一科目を選ぶことになります。